Hayato Watanabe 渡部 隼人

2011年08月 入社

ー 入社のきっかけ

マイナビの募集で少数精鋭、経営コンサルタント募集の文字に惹きつけられ、応募したのがきっかけです。
自分自信、そして会社と共に成長していけるベンチャー企業である事に可能性を感じました。
入社後、初めの半年は事務所勤務でした。資料作成や、現場スタッフのフォロー、オーナーの付添い等何でもしていました。
ある日、当時の上司に現場を知る為に、現場で、汗水垂らしてみてはどうかと問われ、自分自信もそう考えてましたので、期待半分、不安半分で、現場に赴きました。

ー 入社から今にいたるまで

入社から半年で現場スタッフになりました。キャバクラと言えどもサービスが基本。サロンを巻いてボトル管理、在庫管理、シャンパンの抜栓等を覚えました。

その後キャストさんを担当に持ち、この業種の花形「付け回し」もしました。ある一定の仕事を覚えそれなりの結果を出すと、当時は周りのマネージャーは仕事が出来ない。自分が上司になってこの店をもっと良い店に変えたいと強く思っていきました。

そして、働きぶりが評価されて、店長へと昇格しました。しかしその時の私はトップダウンで部下に指示を出し、周りのモチベーションを上げる事は出来ていなかったと思います。男子従業員も数名退社させてしまいました。当然のごとく店のパフォーマンスは下がり売上が落ちた時に副店長へと降格しました。

ー 会社に入って成長したと思うこと

この様な失敗を糧に、トップダウンという押し付けではなく、周りの仲間に火を付ける存在になり、それぞれのポテンシャルを十分に自主的に発揮させる事が出来るのが、真のリーダーだと実感しました。この様な経験ができた事に感謝してます。

また、人を動かす考え方に、私自身気づけ、また会社としても、共有し議論できるトップチームがある事もとても良い環境です。自分の考えが変わった。変えられた事が大きな成長と思っています。

ー 今後自分が成長してどうなっていきたいか

人として正しい道を選択できる人間になりたいと思います。たとえ上司であっても、会社にとって、マイナスなのかプラスなのが、それが誤っていると思ったら意見をする事。入社したばかりのアルバイトでも正しいと思ったらその意見にしっかり耳を傾け向き合い採用する事。立場や私利私欲に捉われる事無く判断出来る人に成長したいと思います。